速記の歴史

日本の速記

10月28日は速記の日

日本では、明治維新後、西洋の速記が欧米文化の一つとして紹介され、日本語速記法誕生のきっかけとなりました。

takusari.jpg
田鎖綱紀 岩手県盛岡市出身
「ウェブもりおか 盛岡市先人記念館」より
転載 (同館の許可なく
複製できません)

1882年(明治15)9月19日、田鎖綱紀(たくさり こうき)が、ピットマン系のグラハム式に基づいて「時事新報」紙上に「日本傍聴記録法」を発表しました。また、同年10月28日、東京で第1回講習会を開きました。これを記念して、日本速記協会は10月28日を速記の日と定めました。

この速記法は当時の人々に鮮烈な印象を与え、田鎖綱紀は伊藤博文から「電筆将軍」の称号を贈られたといいます。

その後、講習会修了生の若林kan.gif蔵、林茂淳らにより田鎖式符号に改良が加えられ、速記は実用化に向けて大きく踏み出します。

1883年7月、改進党系の「郵便報知」と自由党系の「自由新聞」の間で、演説会記事の正誤をめぐる紛争がありました。若林は報知社の依頼を受け、自由新聞社応接室で行われた問答を速記し、その日のうちに文字化した原稿を手渡しました。これが速記実務の始まりです。

「怪談牡丹灯籠」速記本から言文一致運動へ

botandourou_1.jpg
「怪談牡丹灯籠」初版本の表紙
(明治17年 東京稗史出版社)

速記の利用は口述、講演、講談などにも及び、特に、三遊亭円朝の講談を速記した「怪談牡丹燈籠」に始まる講談速記が有名です。話し言葉に近い文体で書かれた速記本は大衆に広く親しまれ、言文一致運動の大きな推進力となりました。

「怪談牡丹灯籠」初版本の表紙には、円朝の名前と並んで「若林kan.gif蔵筆記」と明記されており、この時代の速記者がいかに重用されていたかを物語っています。

若林は「怪談牡丹灯籠」の序文の中で誇らしげにこう記しています。

「所謂言語の写真法をもって記したるがゆえ この冊子を読む者はまた寄席において圓朝氏が人情話を親聴するが如き快楽あるべきを信ず もって我が速記法の効用の著大なるを知りたもうべし」
※文字づかい、スペースは原文どおりではありません。

botandourou_2.jpg
初版本1ページ目に掲出されている若林の速記符号
「国立国会図書館近代デジタルライブラリー」より転載
(同館の許可なく複製できません)

この怪談牡丹灯籠は 有名なる支那の小説より翻案
せし新奇の怪談にして すこぶる興あるのみか 勧懲(勧善懲悪)に
裨益ある物語にて 子(圓朝氏)が常に聴衆の喝采を博
せし 子(圓朝氏)が得意の人情話なり

これを今の衆議院式で書くとこうなります。

fugou.gif

衆議院式は田鎖→若林の系統の符号ですが、随分違っていることがわかります。改良を重ね、符号がずっと単純化されました。