速記の歴史

私たちが使っている文字では、話し言葉を完全に書き取ることはできません。しかし、文字のかわりに非常に簡略化した符号を使えば、話すスピードそのままに言葉を書き写せます。これが速記です。

西欧の速記

速記はローマ時代から

世界で最古の速記史料は、ギリシャのアクロポリスで発見された大理石の破片と言われています。紀元前350年ころのもので、簡単な符号でアリストテレスらへの献辞が刻まれていました。

しかし、発言を記録するために速記が広く用いられるようになるのは、もう少し時代が下ってローマ時代になってからです。

ローマの弁論家キケロは、貴族階級ではなかったにもかかわらず執政官に選ばれました。選挙に負けた貴族カティリナは、政府転覆の陰謀をめぐらします。紀元前63年、陰謀を察知したキケロは、元老院でカティリナの弾劾演説を行いました。キケロの解放奴隷であったティロは、この演説をすぐさまろう板に鉄筆で記しました。これが現代につながる速記の起源とされています。

cicero.jpg
元老院でカティリナを弾劾するキケロ Cesare Maccari (1840-1919)

「いったいどこまで、カティリーナよ、われわれの忍耐につけ込むつもりだ」(ラテン語:小川正廣訳)
Quo usque tandem abutere, Catilina, patientia nostra?

ティロは語句の頭文字を抜き出し、QPNと速記しました。

速記符号の発明

その後、1837年にアイザック・ピットマンが、単純な符号を使ってあらわす記音式速記法を発明しました。文字ではなく符号を用いることにより、筆記のスピードは格段に向上しました。このピットマン方式は世界の近代速記法に大きな影響を与え、半世紀後、日本にも田鎖式速記法が誕生します。

pitman1.gif
ピットマン式符号の例

単純な直線や曲線を用いて、符号の大きさ、位置、濃淡で音の違いをあらわします。文字のつづりにかかわりなく、発音が同じ単語は同じように書きます。