発言記録作成相談室

発言記録作成-悩み事無料相談室開設のお知らせ

会議録を初め、発言記録の作成において、発言を文字にするときにどのように処理(表記)するのが適切か、あるいは様式はどのようにすればよいのか等々、悩んだり疑問に思ったりする場面が多々あると思います。
そこで、社団法人日本速記協会では、発言記録作成に携わる皆さんの悩み事・疑問などにお答えし、時には一緒に研究するため、このたび「発言記録作成―悩み事無料相談室」を開設することになりました。

明治15年(1882年)に日本語の速記が誕生して以来、今日まで130年の長きにわたり、速記者は、速記の技術を活用して、発言を記録し文書にするという使命を誠実に果たしてまいりました。当協会会員が有する「話し言葉を公正かつ正確に文字化するための技術」について広く皆様方に知っていただくとともに、この相談室を通じて公正で正確な文字記録文化の普及発展にいささかでも貢献し、発言記録作成のステーションの役割を果たしてまいりたいと存じますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
どうぞお気軽に当相談室をご利用ください。

1 対象者
地方議会事務局、速記・記録業、当協会会員その他、発言記録の作成に携わる者。
ただし、逐語の記録作成を対象とします。

2 相談内容の例
・用字の使い分け、書式、様式などについて悩んでいる。
・前例のない事例で、処理方法がわからない。
・自分のところの処理方法が適切かどうか、わからない。
・参考資料などがなく、処理に困っている。
・日ごろ、発言記録を作成していて疑問に思っていることがある。

3 相談の方法
⑴ 相談室の窓口は、「相談室サイト」からのEメールでの相談を基本とするが、電話、郵便、ファクスによる相談も受けつける。
⑵ 相談者は、氏名、勤務先、連絡先を明記する。
⑶ 回答は、当協会員である「会議録作成講座スタッフ」が務める。
⑷ 回答期日は、3日程度の猶予をいただく。
⑸ 回答は、複数の選択肢を提示し、それぞれについて解説した上で、協会として適当と判断する選択肢を示すこともある。また、必要に応じ、調査方法などのアドバイスを行う。
⑹ 回答は、Eメールのほか、相談者が希望する方法があれば、それに対応する。

4 料金
相談は無料とする。ただし、郵便による相談の場合、返信用切手を同封していただく。

5 個人情報
当協会の個人情報保護方針を厳正に遵守する。
ただし、相談内容について、将来、相談室における相談事例をまとめた「Q&A」を作成する際、設問に個人情報が含まれる場合は、該当箇所を伏せた状態で利用していく。

以  上